クレジットカード現金化が流行る背景

ショッピング枠を活用した現金化が流行る背景には、借入先がなく、キャッシング枠を使い切った人たちで、闇金だけは避けたいという思いの人たちの存在があります。

またクレジットカード現金化はショッピング枠を利用するため、“買い物”としての履歴は残るものの、借り入れである記録は残りません。そのため家族に知られたくない人にも重宝されています。

現金化には二つの方法があります。

1.キャッシュバックとして現金を得る方法

業者が指定する商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を得る方法です。

一連の流れは購入~決済~キャッシュバックと、通常の買い物と同様です。違法性はなく、購入した商品が手元に残ります。

2.商品の売却代金として現金を得る方法

業者が指定する商品を購入するまでは同じですが、その後の流れが異なります。

購入~その場で売却~代金として現金を得ますが、カード決済が確定する前に売却するため、“支払いを完了していない商品は売却してはならない”という利用規約に触れます。立派な違法行為のため、カード会社に知れれば、当然ペナルティが課せられます。

関連記事

金融機関での借入審査に通らない専業主婦やフリーターの方の利用が多い現金化サービス

店舗の有無で還元率は変化する

クレジットカード現金化の還元率は、業者が店舗を構えているかでも変化します。少しでも多く現金を得たい場合には、無店舗(ウェブサイトを主体とする)業者に申し込みましょう。

◎無店舗の業者はなぜ還元率が高いのか?

店舗がなければ、不動産や人件に関する経費が発生しません。かからない維持費がそのまま還元率の底上げに充てられているのです。

還元率は概ね、80~90%に設定されており、仮に10万円の現金化で還元率が90%の場合、100,000円×90%=90,000円が現金化されます。

キャッシュバックまでの期間によって、還元率が変動する場合もあります。クレジット現金化即日の場合は低く、業者が指定する日数に近づくほど高くなる仕組みです。

キャッシュバックは銀行口座への振込みが主ですが、現金書留に対応しているところもあります。口座に入金記録を残したくない場合は、現金書留を取り扱う業者を探しましょう。
なお、何れの場合も所定の手数料が引かれます。

◎無店舗の業者を利用することのメリット

好きなタイミングで申込みできます。実際の手続きは営業時間内に行われますが、申込み自体は時間を問いません。多忙な方には嬉しい形式です。
また現金化に伴う指定商品の購入も、インターネットで行えます。

◎避けられないデメリットもある

一つは業者に関する情報が乏しいことです。これはトラブルが発生した際に大きな障害になります。逃亡されてしまうと足取りを掴みにくいのです。

もう一つは、悪徳業者が多く紛れ込んでいることです。口コミや評判はいくらでも情報操作が可能であり、言葉巧みに詐欺まがいの行為を繰り返している業者は多いです。

関連記事

高いほど還元される金額が大きくなる換金率は、優良会社のプラン利用で最大にしよう

違法性を指摘される買取方式の現金化

クレジットカード現金化には二つの方式があります。ひとつは商品を購入することで得られる“キャッシュバック”を利用したもので、もうひとつは商品を“転売する”ことでダイレクトに現金を得る方法です。

後者の方式は商品をカードで購入し、即転売という流れで現金化を行います。そのためカード会社が定める“決済が完了していない商品の売却を禁ずる”という規約に反します。
これは違法行為であるため、現金化は違法性がないキャッシュバックを利用した方式で行いましょう。

この場合は業者に申込みし、指定された商品をカード決済の後キャッシュバックとして現金を得る流れになります。行為自体は“普通の買い物”であるため、規約に触れません。

キャッシュバックは指定の口座に振り込んでもらうほか、現金書留や、店舗で直接受け取る選択肢があります。

キャッシュバックまでの期間はクレカ現金化即日~1週間と幅がありますが、期間により還元率が変動する業者もあるので、事前にチェックしておきましょう。

こちらの記事も確認

現金化は商取引として扱われるので違法性はナシ

手続きの申込みはインターネットが楽

クレジットカードを現金化するには、業者への申込みと、それに伴う手続きが必要です。手続きは、インターネット、電話、ファクス、店舗の4つの方法から選択できます。

おすすめはインターネットの申込みです。24時間365日、いつでも利用できます。しかし現金化に必要な手続き(本人確認~入金)は営業時間内に行われるため、例えば深夜1時に申込み、即座に入金してもらうということは出来ません。

インターネットの申込みは専用のフォームから行います。住所・氏名など基本情報に加え、必要な“ショッピング枠の利用限度枠”と“その残高”の情報も伝えます。なおクレジットカード番号の提示は必要ありません。

その後業者からの連絡に従い指定商品を購入し、カード決済することでキャッシュバックが発生し、口座へと入金がされます。なお決済の際には、不正利用を防止するための本人確認が行われます。

誰にも知られず現金を入手したい場合には、カード現金化店舗の窓口をご利用下さい。その際は、事前に電話で問合せをしておくと手続きがスムーズに進みます。

おすすめ記事

ネット銀行は利便性ピカイチ
現金化の準備を整える

現金化の準備を整える

クレジットカードを現金化するにあたり、いくつかの準備を整えましょう。当然ですが各業者が定める規約の確認は怠りなく行って下さい。

◎ショッピング枠の利用限度枠を確認する

契約書が見当たらない場合、カスタマーセンターに問合せましょう。契約内容を再確認したいと伝えれば、すぐに返信してくれます。オンラインで確認できる場合は、そこからチェックすることも可能です。
仮に限度額が30万円の契約内容だったとすると、これがクレカ現金化できる額になります。

◎身分証の用意

初回の利用は本人確認が行われます。金銭契約のため、写真付きに限る業者が多く、運転免許証やパスポートが便利です。

◎振込先口座の用意

金融機関はどこでも構いませんが、手数料が異なるケースもあります。インターネット銀行は手数料が安い(もしくは0円)ことが多いので、チェックしておきましょう。

おすすめ記事

ネット銀行は利便性ピカイチ
手続きの申込みはインターネットが楽

クレジットカードは保障内容で選ぶ

クレジットカードを提供する各社は、様々な保障(保険)を用意しています。新規にカード契約を行う場合は、利用場面を想定してもっとも適した保障を選択しましょう。

◎買い物が主な目的の場合

ショッピング利用が中心の場合おすすめです。クレジットカードで購入した商品が盗難に遭った(※1)・破損(※2)したといった場合に保障を受けられます。

しかし全てのケースにおいて適用されるわけではなく、細かな条件があります。契約の際には国内外に適用されるのか、しっかりチェックして下さい。

※1治安が安定しない国外で買い物する場合に重宝します。国内であっても、高額商品を購入する際に役立ちます。

※2購入時に破損していた場合も保障を受けられるケースがあります。

◎旅行保険が目的の場合

クレジットカード付属の契約であることが大半で、別途で契約するケースは殆どありません。例外は存在するので、旅行を計画中の方は規約を再確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードの旅行保険は、海外へ行く時に必要という考えの人が多いですが、国内旅行も保険があると安心です。怪我や病気はもちろん、予想できない災害もありえます。詳細は会社・契約内容によりますが、1,000万円~3,000万円クラスが主流です。

海外での利用が主の場合は、世界中に加盟店がある(対応が早い・慣れている)クレジットカード会社がおすすめです。

不安がある場合はカスタマーセンターへ問合せ、トラブル発生時にはどういった手順を取るのか、解決にどれほどの期間を要するのか確認しておきましょう。こうしておけば、いざという時も慌てず対処できます。

おすすめ記事

サービスが充実してきているクレジットカード現金化サービス業界

お金で身を滅ぼさないための心構え

お金で身を滅ぼすことは、決して他人事ではありません。ちょっとしたことから悪い方向に進み、あっという間に破滅する人は本当に多いのです。
その理由は多岐に渡りますが、主に下記のふたつが挙げられます。

ひとつは、膨れ上がった利息が手に負えなくなるケースです。このケースは数万程度の借入れから発展することもあります。大体は闇金に手を出してしまった場合です。然るべき機関に相談すれば解決できないこともありませんが、借金を隠したいが故、最悪の状態になるまで対処できない人が殆どです。

ふたつめは、身内から借入れをして泥沼の人間関係に発展するケースです。身内だから理解してくれるだろう、多少返済が滞っても大丈夫だろうと、気の甘い人がトラブルに発展させます。場合によっては親族すべてを巻き込む規模に発展し、裁判を行うこともあります。

以上のことから、お金は『そもそも借りない』ことが重要であるとわかります。
しかし避けられない出費に直面することもあります。その場合どうすればよいのでしょう。

一番良いのは、貯金で工面することです。定期預金があれば、解約も視野にいれましょう。
貯金がない場合は、第三者から借り入れる必要が出てきますが、返済プランを熟慮し、可能な限り金利が低い業者を利用しましょう。

実借入れの際は、契約内容を入念に確認しましょう。金利の計算式や、担保の有無、返済が滞りそうな場合の対応など、不明点は必ず質問して解消してください。

おすすめ記事

計画的に返済ができる現金化サービスでは支払いも手続きも簡単スムーズ
クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと

クレジットカードのショッピング枠を理解しよう

クレジットカードには(1)ショッピング枠と(2)キャッシング枠があります。現金が必要な場合にはキャッシング枠を利用するのですが、利息は20%程度と高いです。そこでショッピング枠を利用したクレジットカード現金化業者がでてきました。今回は【クレジットカードのショッピング枠を理解しよう】をテーマにお話します。

■ショッピング枠とキャッシング枠
ショッピング枠はお買いものの決済に使う目的でしたが、その枠を現金に換金するというサービスが注目されています。

■クレジットカード現金化の場合の還元率は9割以上
あまりに高いレートを提示するところは怪しいですが、93%程度の還元率ならばあります。その場合手数料・利息と見る部分は7%です。キャッシングの20%と比較すると、当然多くの現金が手に入ることになります。返済は通常のクレジットカードの請求に基づいて引き落とされます。

クレジットカード現金化仕組みはネットショッピングをするのと同じイメージです。現金化業者のウェブサイトにアクセスをして、申込みフォームに入力するだけです。お手持ちのカードが利用できるかの確認はしておきましょう。

■決裁をしてから早ければ当日送金される
最短の場合、約10分で入金されます。早いプランは手間がかかるので還元率は少し悪くなります。

おすすめ記事

クレジットカード現金化サービスを理解するにはキャッシング機能とショッピング機能を理解する必要があること
「与信」という意味とクレジットカードを作る場合の審査

サービスが充実してきているクレジットカード現金化サービス業界

クレジットカード現金化もかなり普及してきました。現金化業者の競争も激化しており、サービスで勝負しています。今回は【サービスが充実してきているクレジットカード現金化サービス業界】についてまとめておきましょう。

■インターネットのオンライン手続きで完結できる!
従来はカード現金化店舗に出向く必要がありましたが、今では不要です。身分証明書もメールやオンラインでアップロードすればOKです。納税証明書・所得証明書・源泉徴収票・印鑑登録証明書などは不要なところが多いです。

■早ければ当日振込可能!
還元率・キャッシュバック率が多少悪くなりますが、当日振込も可能です。早ければ10分程度で送金が完了することもあります。

■高くなったキャッシュバック率
キャッシュバック率も9割以上のところが増えています。
50万円未満の相場は93%程度です。50万円以上100万円未満ならば96%が相場になります。利用額が上がるとキャッシュバック率も高くなります。

■いかがでしたでしょうか?
ご家族が急病で、まとまった現金が必要な局面などで、こういった方法が利用できれば有効です。ただし今は、病院もクレジットカードで支払えることが多いので、冷静になって判断しましょう。

おすすめ記事

クレジットカードは保障内容で選ぶ
あんしんクレジットのキャンペーンは馬鹿にできない

ATMでも気軽に現金が引きだせるクレジットカード現金化サービス

クレジットカード現金化サービスは2003年頃から出てきて、今では定着したサービスとして認められています。しかし一部のカード会社では現金化を不適切と判断し、現金化業者との契約を解除する動きがあります。

あなたの持っているクレジットカード会社のWebサイトをみて、現金化サービスの取り扱いに関して確認しておきましょう。今回は【ATMでも気軽に現金が引きだせるクレジットカード現金化サービス】についてご紹介します。

■大切なことはキャッシュバック率を理解すること!
現金化業者のWebサイトを見ると、キャッシュバックの一覧表があります。現金化の金額が多くなれば還元率も高くなります。

■実際にはクレジットカード現金化サービス業者が指定した商品をネットショッピングすることになる
形式上ネットショッピングなので、商品は送られてきます。
100万円の商品を購入した場合で96%の還元率ならば、口座に96万円が振り込まれます。返済はクレジットカード現金化業者ではなく、クレジットカード会社に行います。

■いかがでしたでしょうか?
振り込まれた現金はATMでも気軽に出金できます。クレジットカードのキャッシング枠を利用するよりも利率が得なので、クレジットカード現金化サービスを利用する人が増えているのです。

おすすめ記事

便利なクレジットカードをさらに活用する方法
賢く使って得するクレジットカード