賢く使って得するクレジットカード

クレジットカードの機能は支払いに関するものだけではありません。クレジットカード現金化即日などの様々な機能を使いこなしましょう。

◎ポイントサービス
1,000円=1ポイントなど、一定の支払に応じてポイントが加算され、貯まったポイントは景品と交換することが出来ます。

毎月光熱費として20,000円をカード決済した場合・・・20ポイント(20,000円)×12か月=240ポイントが加算されます。現金で支払っている場合は、この機会に是非ご検討下さい。

◎優待販売
飛行機のチケットなどをお得に購入出来ます。そのカード決済にもポイントが付与されるので、非常におすすめです。

◎旅行保険
旅先での怪我・病の治療費はもちろん、購入した商品の破損・盗難にも保険が適用されます。またクレジットカードが身分証明書としての価値を持ち、支払い能力=信用としての評価を得られます。

便利なクレジットカードをさらに活用する方法

クレジットカードがあれば財布に何枚も現金を入れておく必要がありません。また盗難時には電話一本で機能を停止できるセキュリティ性も備えています。
支払いにおいて真価を発揮するのは、インターネット通販時です。
インターネット通販は、代引き、銀行振込み、コンビニ決済などの方法から選択出来ますが、いずれも手数料が生じます。

例えば月に4回、年間48回代引きで支払いをした場合、一回の手数料315円×48=15,120円の手数料が掛かります(なお代引き手数料は、この限りではありません。315円は最低額です)。

しかし、これをカード決済した場合はどうでしょう。手数料が生じないだけでなく、支払いによるポイント(概ね1,000円=1ポイント)が加算されます。貯めたポイントは景品と交換できます。

また分割支払を選べるので、手元に全額がなくても購入できます。

さらに昨今、クレジットカードを活用して現金を得る方法も確立されています。キャッシング枠は利用したくない、しかし現金を工面する必要がある、そのような場合はクレジット現金化比較もご検討下さい。

クレジットカード現金化サービスと呼ばれるクレジットカードの活用方法

一般的に商品購入は現金で支払う習慣が続いてきました。しかしクレジットカードという決済手段ができて、多額の現金を持ち歩く必要もなくなってきました。

そして飛躍的に伸びてきたのが、ネットでショッピングするライフスタイルです。決裁手段としてクレジットカードが主流になってきたのです。そんな中、最近新しい活用方法が注目されています。今回は【クレジットカード現金化サービスと呼ばれるクレジットカードの活用方法】についてまとめておきましょう。

■クレジットカード現金化サービスとは?
クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能があり、通常の買い物はショッピング機能を使います。お金を借りる場合はキャッシング機能を使うのです。しかしキャッシング機能は緊急時には助かりますが、利息が2割程度と高額になります。

そこでショッピング機能を使い商品を購入し、その一部をキャッシュバックすることで現金を調達できる方法が編み出されました。これがクレジットカード現金化サービスというシステムです。

■現金で支払うこととクレジットカードで支払うことの違い
現金の買い物はその場で代金を支払って、商品を受け取ります。クレジットカードで決済した場合は、代金の支払いは月毎にまとめられます。この仕組みを利用しているのがクレジットカード現金化サービスです。

■与信は終わっている
クレジットカードを発行するには、ある程度の個人情報や支払い能力を確認します。だからクレジットカード現金化サービス業者も安心できるのです。

「与信」という意味とクレジットカードを作る場合の審査

クレジットカードの発行は、カード会社と契約を結ぶことを意味します。その時点で規約に同意したと見なされ、違反した場合は相応の罰則を受けることになります。
クレジットカードは金銭を取扱う商品であるため、契約に伴い様々なチェックが行われます。住所や氏名等の基本情報はもちろん、支払い能力(一定の収入)にもチェックが入ります。また過去の金銭トラブルも確認します。

■与信とは何?
融資を受ける人物が金融機関からどれだけ現金を借入できるかという限度額です。その人物の借入のデータベースセンターに情報が集約しており、そのデータを元に金融機関が判断することになります。

■消費者金融のビジネスモデル
企業や個人にお金を貸します。そして返済時の利息から利益を得ます。たとえ消費者金融といっても個人相手に数千万円の大金を融資することはありません。

返済能力以上の融資をしても、返済不能になれば大きな損失です。それを避けるために与信枠が設定されているのです。それぞれの消費者金融によって若干枠は違ってきます。

■クレジットカードにもショッピング枠やキャッシング枠がある
これは消費者金融が個人に与信枠を付けることと似ています。ショッピング枠は買い物の1カ月の上限を決めているのです。同様にキャッシング枠もお金を融資する限度額を決めています。

■クレジットカードが停止されることもある
クレジットカードを発行する場合は支払い能力の有無を審査します。無職や主婦、学生の場合は配偶者や両親など定期的な収入がある人を決めて審査します。カードを発行したあと返済できない等のトラブルがあると、ブラックリストにのってクレジットカード利用は停止されます。

おすすめ記事

クレジットカードのショッピング枠を理解しよう

クレジットカード現金化サービスを利用されたAさんの体験談

クレジットカードを持っていれば、急な出費のときに現金を用立ててくれるクレジットカード現金化サービスが人気です。クレジットカードのキャッシングよりも利息がお得になるからです。今回は【クレジットカード現金化サービスを利用されたAさんの体験談】についてご紹介します。

■還元率は96%と高かったが送金までが長い!
結局、口座に振り込みされたのは1週間後のことでした。お金が必要になるのは10日後でしたから問題はなかったです。どちらかというと還元率・キャッシュバック率を最優先に考えていたからです。どうやら還元率が高いと振り込まれる時期は遅くなる傾向にあるようです。

■消費者金融よりも利息が安い
以前は消費者金融を使うことも多く、利息は2割程度かかったので返済に難儀していました。クレジットカード現金化比較するとクレジットカード現金化サービスは返済も無理がありません。1回払いで返済できる金額ならば、手数料として必要なのは少なくて済むのです。

■例えば100万円をキャッシングした場合
消費者金融で融資してもらったりクレジットカードのキャッシングサービスを利用した場合の金利は約20%が相場です。100万円の場合は1か月で20,000円という重い利息がかかります。ですがクレジットカード現金化サービス業者を利用した場合は5,000円程度でOKです。

差額は15,000円になりますが、これはとても大きいです。年間に換算すれば180,000円の差になります。

■いかがでしたでしょうか?
私の場合は家族の入院費用でした。お金も大事ですが健康も大事ですね。

クレジットカード現金化体験談

お金が欲しいときに助かりました
対応が親切だったので安心できました
自由に使えるお金が欲しくて
生活苦だった時に本当に助かりました
お金に困っていた時にお世話になりました
クレジットカード現金化サービスを利用されたAさんの体験談

クレジットカード現金化サービスを利用する場合に把握しておきたいこと

キャッシュカードは金融機関が発行して金銭取引に利用されます。クレジットカードは似たところもありますが、基本的にはショッピング機能を使った買い物に使います。しかし近頃注目されているのが「クレジットカード現金化サービス」です。今回は【クレジットカード現金化サービスを利用する場合に把握しておきたいこと】をご紹介しています。

■クレジットカードにはキャッシング機能もついている
キャッシュカードでも最近は、クレジットカードのように使えるデビットカード機能が付加されています。そしてクレジットカードはキャッシング機能もあります。

■クレジットカードに関連する法律はややこしい
クレジット機能を使う場合とキャッシング機能を使う場合には利用規約も違ってきます。約款をしっかりと理解しておく必要があります。

■クレジットカード現金化サービス業者は消費者金融とは違う
金融会社は貸金業の許可が必要ですが、クレジットカード会社は特に免許は必要ありません。カード現金化業者も今のところ届出等は必要ありません。カード現金化サービスを利用する場合は、クレジットカードに支払い回数を決めます。1回払いなら手数料はありませんが、分割払いやリボ払いの場合は手数料も必要になることを忘れないでください。

おすすめ記事

クレジットカード現金化サービスの賢い使用方法

キャッシングで高い利息を払うよりもクレジットカード現金化サービスを利用しよう

クレジットカードを持つことは、信用に値する人物というステイタスとも捉えられます。高額なショッピングもサインするだけで精算できるのでスマートです。

近頃ではクレジットカードのショッピング枠を利用したカード現金化サービスが注目されています。今回は【キャッシングで高い利息を払うよりもクレジットカード現金化サービスを利用しよう】というアドバイスをご紹介します。

■急な出費が必要になった場合に助かる!
例えば友達の披露宴に出席する場合に、金欠でも大丈夫です。必要な金額だけ現金化すればいいのです。次の給料日にお金が入れば、クレジットカードの引き落としに間に合います。

■少額ならば一回で返済できる
クレジットカード現金化でキャッシュバックを受けた金額と、その商品の差額が手数料になります。例えば30,000円の現金化サービスを利用し、換金率が9割なら、27,000円が指定口座に振り込まれ、手数料が3,000円になります。利息として計算をすると、3,000円/27,000円ですから11.1%になります。

■キャッシングの利息は高い!
クレジットカードのキャッシングだと20%程度の利息になります。高額利用の場合は一括で支払えませんから、借金はなかなか減らず、負担は大きいです。

■いかがでしたでしょうか?
クレジットカード現金化サービスはキャッシングや消費者金融よりもメリットがあるのです。

おすすめ記事

賢く使って得するクレジットカード

クレジットカード現金化のデメリットはどこにあるのか?

クレジットカード現金化サービス業者のWebサイトでは、メリットばかり強調しています。デメリットを記載するところはほとんど見つかりません。ではなにがデメリットなのでしょうか?今回は【クレジットカード現金化のデメリットはどこにあるのか?】をご紹介しています。

■メリットをまとめておきましょう!
消費者金融やキャッシングローンと比較すると、低金利で現金を用意できることが一番のメリットでしょう。またクレジットカードがあれば利用でき、非常に手軽です。印鑑登録証明・収入証明書・源泉徴収票などの提出もいりません。早ければクレカ現金化即日で口座に送金されますので、緊急時にも対応できます。

■メリットばかりを強調されると不安になる
初めてクレジットカード現金化サービスを利用する人は、メリットばかり聞かされても不安になります。普通はデメリットもあると考えるでしょうが、強いて言えば、現金化サービスを受けた後、カード会社の引き落とし時にお金が用意できていないとブラックリストに載ってしまうことくらいでしょう。計画的に利用すればこれも問題にはなりません。

■クレジットカード会社にばれないの?
かつては現金化がカード会社にバレて利用を止められることもありましたが、今はそういったこともありません。

おすすめ記事

デメリットもよく理解した上でリスクを回避しよう

クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと

日常的に消費者金融やキャッシングローンを利用している人もいるでしょう。複数のところから借りていると、返済日が違い手続きが面倒になるなどで、まとめて返済したいと感じることもあるかと思います。

まとまったお金があり、一挙に返済すれば利息がセーブできますが、そのようなやりくりができない人が、借金地獄に堕ちるのです。賢い人はクレジットカード現金化サービスを利用しています。今回は【クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと】についてお話します。

■クレジットカードのリボルビング払い(リボ払い)を使えば利息が安くなることもあります。
まずは自分のクレジットカードの枠をチェックしてみましょう。枠が100万円あって、ショッピング枠が全て残っていればチャンスです。現金化サービスを利用して、消費者金融などで借りているお金を一括返済できるかもしれません。

■使い方は簡単
カード現金化サービス業者が指定する、キャッシュバック付きの対象商品をネットショッピングするだけです。キャッシュバックは指定した口座に送金されます。

■注意したいこと
キャッシュバックはあくまでも利用した代金の一部分が戻ってきているだけで、割引はありません。キャッシュバック率が9割ならば、残りの1割は手数料と同じです。一括払いや分割払いやリボ払いが選べます。一括払い以外は手数料もかかるでしょうから、それも考慮に入れるべきです。

おすすめ記事

お金で身を滅ぼさないための心構え

クレジットカード現金化サービスの歴史

ビジネスモデルには、何らかのルーツや歴史があります。クレジットカード現金化サービスも例外ではありません。今回は【クレジットカード現金化サービスの歴史】についてお話します。

■キャッシュバックシステム
対象商品を購入したら5%をキャッシュバックします……このようなプレミアム付きの販売促進活動があります。これは顧客獲得とユーザーの注目を集めるという狙いです。

■クレジットカード現金化サービスもキャッシュバックの概念がある!
クレジットカードのショッピング枠で商品をネットで購入し、商品代金の一部を還元してしまうという方法です。

■5年ほど前から始まったクレジットカード現金化サービス
最近耳にするようになったので新しいサービスと思われがちですが、調べてみると今から5年ほど前から始まっているようです。今では合法的に認められているのか、新聞や雑誌で宣伝広告を目にすることもあります。
利用する際は、持っているクレジットカードが利用できるか確認しましょう。一部のクレジットカード会社ではクレジット現金化サービス業者との契約を解除する動きもあります。

■キャッシュバックができた背景
クレジットカードが普及し始めた時期は、飲食店での利用が多くありました。店としては「つけ」にされるよりは多少割り引いてでも、クレジットカード精算をしてほしかったのです。

おすすめ記事

初めての方にも分かりやすくクレジットカード現金化の取引を解説