計画的に返済ができる現金化サービスでは支払いも手続きも簡単スムーズ

ネット現金化サービスを利用した後の支払いは、カード会社に行い、現金化業者への支払いは一切ありません。分割払い、ボーナス払いなど希望に合わせて選択し、計画的に返済することも可能です。

現在既に負債を抱えていて、その返済に困っているという方はクレジットカード現金化を行わず、債務整理を行うことをおすすめします。債務整理を行えば、今ある借金を減らすことができます。

カード会社への支払いでは、一括や分割、ボーナス払いなどから好きな方法を選べる

クレジットカード現金化を行った後は、カード会社へ支払いを行います。方法は一括払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払いなどがあり、自身の計画に合わせて好きな方法を選ぶことができます。

一方、金融機関などでキャッシングを行った場合は、返済方法が限られているため融通が利かない上、金利などがかかります。現金化では余計な利子が上乗せされることはないので、無理なく支払いができます。

またキャッシングは、支払いが滞ると金融機関のブラックリストに登録されるというリスクがあります。リストに載ると、住宅ローンが使えなくなるというデメリットがあります。クレジットカード現金化会社は金融業者ではないので、ブラックリストに載ることはありません。

サービス完了後は、業者への支払いは一切必要ない

現金化後の支払いはカード会社に行うことになるため、現金化業者への返済は一切ありません。支払うべき手数料を全て差し引いた上での料金を提示してくれますので、それ以上の金額を要求されることはありません。

キャッシュバック付き商品購入の際は必ずショッピング枠残高のあるカードで支払いをしよう

現金化サービスでは一般的に「キャッシュバック方式」という方法が採用されています。この方式は、利用者が会社の提示する商品の中から好きなものを選び購入し、その商品に付随するキャッシュバック特典を現金で受け取るというものです。

商品を購入する際は、必ずカードで決済します。申し込み時にはショッピング残高があるカードを用意してください。電子マネーを使ったり、カードと現金を組み合わせて使ったりすることもできないので注意しましょう。

既に借金を抱え返済困難な方は、現金化ではなく債務整理を行うことで負担を減らそう

クレジットカード現金化はとても便利なサービスですが、返済の目処が立った上で利用しなければ、のちに支払い困難になる可能性もあります。しっかりと計画を立てて利用しましょう。また既に借金を抱えているという方は、サービスを利用しないようにしましょう。負債をさらに抱えてしまうことになります。

もしも現在借金を抱えており状況の改善が困難な場合は、債務整理の検討をおすすめします。債務整理を行えば、今抱えている借金を少なくすることができます。過去にクレジット現金化を利用したことがある方は、「任意整理」や「個人再生」を選ぶことができます。

どちらも弁護士や司法書士に代行を依頼できるので、知識がない方でも心配は要りません。まずは窓口で相談をしてみましょう。

(まとめ)
現金化サービスを利用した後は、使用したカード会社へ返済を行うことになります。その他の支払いの義務は一切生じません。一括払いやリボ払い、分割払いなどから好きな方法を選べるので計画的に返済ができます。

また、サービス申し込み時や商品購入の際の支払い時にもカードを利用しますので、事前に残高があるカードを手元に用意しておきましょう。手続きは簡単スムーズに行うことができます。

金融機関での借入審査に通らない専業主婦やフリーターの方の利用が多い現金化サービス

突発的に数万円程度のお金が必要になった方や、金融機関での借り入れ審査に落ちた方、女性やフリーターの方などからよく利用されているネット現金化サービス。面倒な審査を受けずに、簡単な申し込みを行うだけで即日お金を受け取ることができるので、とても人気があります。

現金化を行っても、金融機関での共有情報にキャッシング履歴が残ることはないので、家族や知人などに知られることはありません。低リスクで今すぐお金を受け取りたい方は、性別や職業を問わず申し込める現金化サービスを検討してみてください。

現金化は金融機関での借り入れに比べ手軽であるという特性上、幅広い層の方に利用されている

実際に現金化サービスを利用しているのは、経営者や女性の方、フリーター、消費者金融での借り入れに抵抗がある方である場合が多いようです。また、クレジット現金化を行っても、金融機関での情報に利用履歴が登録されたりすることがないので、誰にも知られることなく低リスクでお金を受け取りたいという方にも多く利用されているようです。

もともとキャッシング枠の大きい経営者の方から、収入が少ない女性の方まで、幅広い層の方が利用しているのが特徴です。

突発的に数万円のお金が必要になった方がよく利用している

突発的にお金が必要になった、今週中に支払いをしなくてはならない、など、急を要している方の利用が多い現金化サービス。金融機関で借り入れはできるが、審査を受けている時間がないなど、急な事情が発生したことによりサービスを申し込む方が多いようです。

また、1万円から10万円ほどの少額でのサービス利用を希望している方も、手軽で返済も簡単であることを理由にクレジットカード現金化を選ぶ傾向があります。

即日お金を受け取ることができるので、旅行先や出張先などで急にお金が必要になった場合でもすぐに申し込みができます。金融機関で借り入れの申し込みをした場合、実際にお金を受け取れるまである程度の日数がかかります。一時的に数万円のお金が必要になったという方によく利用されています。

金融機関の審査に通りにくい専業主婦や、女性の方に人気がある

クレジットカード現金化サービスは女性に人気があります。その証拠の1つとして近年、女性専用プランや女性専用の換金率を提示している会社が増えているということが挙げられます。また中には、対応オペレーターが全て女性、もしくは申し込み時に女性オペレーターを指名できるといったシステムを採用している会社もあります。

このような店舗が増えていることによって、女性のユーザーは更に増加傾向にあります。また、女性がお金に困った場合、消費者金融を利用できれば良いのですが、収入のない専業主婦が消費者金融の審査を通過するのは困難です。

夫に収入があれば利用することができますが、さまざまな書類を準備する必要がある上に、審査では時間や手間がかかります。一方で現金化では、ショッピング枠残高があるクレジットカードさえ持っていれば、面倒な審査を経ずとも、誰でも簡単にお金を受け取ることができるので、主婦を始め、多くの女性に利用されているという訳です。

誰でも利用できるので、フリーターや無職の方、年収の少ない方に人気

収入が不安定なフリーターの方や、無職の方、働いているが年収が少ない方などは、消費者金融や銀行などでの借り入れの審査を通過できず、クレジットカード現金化即日融資を受けられないというのが実情です。借り入れができない方の中には、本当にお金を必要としている方もいるでしょう。

そんな方々が、収入がない、または収入が少ない方でも面倒な審査を受けずにお金を受け取れる現金化サービスを利用することが多いようです。

クレジットカードを持っていれば誰でも利用できるという特性が、フリーターや無職の方などに喜ばれています。ただし、これから申し込みを検討している方は、サービスを受けた後はカード会社へ支払いを行う必要があるということに注意してください。

消費者金融での借り入れに抵抗がある方や、審査に落ちてしまった方はクレジットカード現金化を選んでいる

クレジットカード現金化利用者の中には、消費者金融での借り入れの審査に落ちてしまった方や、借り入れに抵抗がある方も多くいます。借り入れを行う場合はさまざまな書類の提出など、余計な手間がかかるからです。また、借り入れを行った後に返済が滞ってしまった場合は、信用情報に傷を付けてしまうことになります。

その点、クレジットカード現金化なら、キャッシング履歴として情報が残ることはないので、信用を傷付けることなくお金を手にすることができるので手軽だと言えるでしょう。その手軽さに惹かれて、消費者金融での借り入れではなくクレジットカード現金化を選ぶという方が増えています。

(まとめ)
現金化サービスは、女性やフリーター、無職の方を中心にさまざまな方が利用しています。週末でも即日お金を振り込んでもらえるので、一時的にお金が必要になったという方にも人気があります。金融機関で借り入れを行った場合、面倒な審査が必要になるだけでなくお金を受け取れるまでに日数がかかります。

今すぐお金が必要だという方にとっては非常に好都合であると言えるでしょう。また、近年では現金化業者でも女性スタッフが増え、女性に特化したサービスも増加傾向にあります。女性の方でもぜひ気軽に問い合わせをしてみてください。

信用情報を傷つけることなくお得に利用できるのがクレジットカード現金化のメリット

金融機関での借り入れに比べてさまざまなメリットがあるクレジットカード現金化サービス。主なメリットとして、利用額の制限がないことやポイントが貯まるということ、金融機関での共有情報の履歴に残らないことなどが挙げられます。

その他、面倒な審査を受ける必要がないこと、利子が少ないため計画的に返済できることなど、数えればきりがありません。

複数のカードを利用できるので、返済の負担が減る上に制限なく低リスクで現金化が可能

複数のカードを利用できるという点は、現金化におけるメリットと言えるでしょう。現金化では個人名義や家族名義のカード、法人カードなど、ショッピング枠の残高があるカードならどんなものでも利用可能。それぞれを組み合わせて利用することができます。
1枚のカードだけで目的の金額に達しないという場合でも、2枚、3枚と集めれば、換金額が増えます。枚数に制限はありません。また複数のカードを利用することで支払い日を分散することもできます。
さらにカードを分散で1枚当たりの利用金額を抑えることで、カード会社から疑われるリスクも低くなります。

このように、カードを複数枚利用することのメリットは様々ですが、支払い日が異なることによる支払い忘れにはくれぐれも注意しましょう。またカードごとに手数料がかかるという点も考慮しておいてください。

キャッシング履歴が残らないので、金融機関において共有される個人履歴に差し障りがない

現金化では「お金を借りた」という履歴が残りません。カードの請求書にはキャッシュバックしたことがわかる記載は一切ありません。残るのはショッピング履歴だけなので、キャッシングを周囲に知られたくないという方でも安心して利用できます。

もしもあなたが銀行や消費者金融などから借り入れをした場合は、キャッシング内容が信用情報機関に登録されます。信用情報機関では、個人情報や返済状況、これまでの借り入れ実績などあらゆる情報が共有されています。
仮に金融機関で新しくクレジットカード現金化即日融資を申し込み、何らかの事情で返済が滞った場合、マイナスの情報が登録されてしまい、以降の審査が厳しくなってしまうかもしれません。しかしクレジットカード現金化では、キャッシングに関する信用情報機関に登録されることはありません。

信用情報に傷を付けたくない方にはおすすめのサービスです。クレジットカードのショッピング枠の金利は、キャッシング枠に比べてかなり低く設定されているので、支払いの負担も軽減されます。

現金化ではクレジットカードのショッピング枠を使うのでポイント還元を受けられる

現金化はクレジットカードのショッピング枠をお金に換えるサービスです。買い物をするのと変わらないので、使った金額分のポイントが貯まっていきます。ポイントは買い物や海外旅行など、好きな用途に使用できます。

また電子マネーやギフト券などに換えることも可能です。ネット銀行の場合、店舗を持つ銀行に比べてポイントが大きく加算される可能性があるほか、特典が付いてくる場合もあります。

(まとめ)
クレジットカード現金化には、複数のカードを利用できることやポイントが貯まること、金融機関の信用情報に履歴が残らないことなど、さまざまなメリットがあります。現金化は普段カードで買い物をする時と同じやり方で行われますので、誰にも知られず、信用情報に傷を付けることなくお金を手に入れることができます。

その他、利子が少ないので計画的に返済ができるということや、手軽に誰でも利用できるということなど、現金化にはたくさんのメリットがあります。現在、金融機関での借り入れを検討しているという方は、ぜひ現金化も候補に入れ、比較検討してみてください。

手軽さと速さが最大の魅力である現金化は多くの人が利用しているサービス

自宅にいながら簡単かつスピーディーにお金を受け取れるクレジットカード現金化サービス。専業主婦やフリーターの方を中心に、様々な方から人気があります。ネットが繋がるデバイスさえあれば、自宅からでも申し込みが可能。面倒な審査もないので、誰でも利用できます。

また土日祝でも振り込みをしてもらえるので、多忙な方にもおすすめ。料金やスピーディーさなど、優先したい事項を満たす店舗を選べば、気持ちよくサービスを完了できます。

クレジットカード現金化は場所を選ばずいつでも手軽にお金を受け取れる人気のサービス

クレジットカード現金化は、自分のクレジットカードのショッピング残高をお金に変えることができる人気のサービスです。急にお金が必要になった時、即日で受け取ることができます。

手軽にお金を受け取れる以外で現金化が人気の理由として、
〇自宅でも外出先でも、全国どこにいても申し込みができる
〇パソコンに限らず、スマホや携帯からでも申し込みできる
〇店舗に出向く必要がない
〇ネット銀行なら休日でも即日お金を受け取れる
〇金融機関ではないため、面倒な審査を受ける必要がない
などが挙げられます。

審査は行われないので、クレジットカードを持っているなら専業主婦の方やフリーターの方でも申し込み可能です。
また、過去に金融機関のキャッシングの審査に落ちてしまったという方でも申し込むことができます。

対応が丁寧でHPが充実している上に、振り込みが速く土日祝受付している店舗は優良

近年人気が集まっている現金化業者ですが、中には不当に大幅な手数料を差し引いたり、現金を振り込まなかったりするような悪質な業者も存在します。利用する際は、しっかりと会社の情報を確認し、優良店舗であることを確認の上で申し込みを行うことをおすすめします。

優良店舗には、たくさんのユーザーからの人気が集まっています。ネット上にある口コミ情報をチェックしたり、実際に利用した人の話を伺ったりするのがベストな方法でしょう。その他、優良店舗に見られる特徴を紹介しますので、会社選びの際の参考にしてみてください。

会社を選ぶ時は、悪質な業者との線引きを行ってから更にサービス内容の充実度で絞るのがベスト

ユーザーから人気がある優良業者の特徴として主なものは、
〇ホームページの印象が良い(デザインが綺麗である)
〇現金化換金率が相場である
〇電話対応や問い合わせへの受け答えが丁寧で良心的
〇会社概要ページが充実している
などです。これらは悪質な業者と線引きする必須条件です。必ず確認するようにしましょう。

上記に加えて、
〇現金振り込みのスピードが速い
〇24時間振り込みを行っている
〇土日や祝日でも営業している(問い合わせに対応している)
〇キャンペーンが豊富で、料金プランが充実している
〇安全に利用できる(セキュリティ対策が万全など)
などを満たしている店舗であれば、末永く気持ちの良いサービスを受けることができるでしょう。最終的には、料金やスピードなど、自分が優先したいポイントを満たしている店舗を選ぶといいでしょう。

消費者金融の審査に落ちた人や、周囲に知られずお金を受け取りたい人にもおすすめ

とにかく急ぎでお金が必要だという方はもちろん、消費者金融などで借り入れができない方やカードローンの審査が通らなかった方、借金を一本化したい方など、さまざまな方に現金化はおすすめです。

利用の際に面倒な審査を受けたり、書類を提出したりする必要がないので、クレジットカードさえあれば申し込みが可能。家族や知人に一切知られることなくお金を受け取ることができます。

現金化サービスは、金融機関の利用には抵抗があるという女性の方や、フリーターの方などから特に人気があり、その手軽さとスピーディーさから、幅広い年齢層の方が利用しています。

(まとめ)
手軽に素早くお金を手にすることができる現金化サービスは、幅広い年齢層の方が利用しています。金融機関での借り入れ時のように面倒な審査はなく、店舗にも出向く必要がないので、多忙な方や主婦の方、フリーターの方などから人気を集めています。

サービス利用時は、悪質な業者に引っかかって不快な思いをしないよう、事前に会社の情報をチェックすることが大切です。ホームページ上での情報や、スタッフの対応などから悪質な業者と優良会社を見分けることができます。ぜひ優良店舗を選び、気持ちのよいサービスを受けてください。

債務整理を行えばカード現金化で返済に困っている方でも支払額を減らせる

借金の返済でお困りの方は、「債務整理」を行ってはみてはいかがでしょうか。借金を少なくし、返済計画を立て直すことが可できます。クレジットカード現金化を行った後で手続きを行う場合は、「免責不許可事由」に当てはまるので「自己破産」という方法を取ることができませんが、その他の方法を選択し、負担を軽減させることができます。

手続きは弁護士や司法書士を通して行うことができるので、面倒な手間はかかりません。ぜひ一度事務所を訪ねてみてください。

カード現金化後支払いが困難になった場合は債務整理すれば減額されることも

債務整理とは、借金の負担を軽くする方法を総称したものです。主な方法として、自己破産や個人再生、任意整理、特定調停などが挙げられます。クレジットカード現金化を行ったが返済ができない、借金を返すために現金化をしたのに負債は積み重なる一方だと悩む方は、これらの相談に乗ってくれる法務事務所を訪ねてみるといいでしょう。専門家が対応してくれます。

手続きを行うことによって、支払い切れなくなった借金を少なくし、新たな返済計画を立てることができるようになります。

債務整理はクレジットカード現金化していても利用できる

債務整理には主に「自己破産」「任意整理」「個人再生」の3つの方法があります。クレジットカード現金化をしたことにより返済状況が悪化し、支払い不能になった場合、「免責不許可事由」に当てはまる可能性があるため、借金をゼロにできる「自己破産」は認められないことがほとんどです。

しかし、「任意整理」と「個人再生」は利用することができます。任意整理では整理したい借入先を選ぶことができるので、消費者金融のみ整理を行い、クレジットカードは行わないということもできます。手続きを行った借入先は利用ができなくなりますが、行わなかった借入先は引き続き使用することができます。

クレジットカード現金化で支払い困難になった場合は「任意整理」か「個人再生」を選択

ここでは債務整理の3つの主な方法の内容を簡単に説明します。

■自己破産・・・借金をゼロにすることができる自己破産ですが、クレジットカード現金化をしている場合「免責不許可事由」に当てはまる可能性があります。この場合自己破産はできません。現金化した金額によっては裁判で通る場合がありますので、一度弁護士に相談してみるといいでしょう。

■任意整理・・・弁護士が業者に借金の減額などの交渉を行う方法です。裁判所を通さないため、業者が応じれば手続きを行えます。弁護士や司法書士に手続きを代行してもらえるので、交渉ごとが苦手な方には向いているでしょう。
メリットは債務をすべて整理するのではなく、自ら交渉したい債権業者を選ぶことができるという点です。

■個人再生・・・裁判所を通して借金を大幅に減額し、残りの借金を返済するという方法です。借金の理由について問われないので、クレジットカード現金化をしていても個人再生できる可能性は高いと言えます。

クレジットカード現金化の返済が不可能になった方は、「任意整理」か「個人再生」を選択しましょう。詳しい内容について知りたい方は、弁護士や司法書士がいる事務所を訪ねてみてください。

任意整理でクレジットカードを除けばカード現金化を継続できる

クレジットカードを債務整理すると、情報機関に履歴が残り、5年間は新規カードの作成やキャッシングなどができなくなります。また、5年間を過ぎた後でも、カード会社独自の顧客情報に登録され続ける可能性もあります。
今後もクレジット現金化サービスを使いたい方は任意整理を選択し、クレジットカードと銀行以外を整理することで、カードの利用を継続させられるようにするといいでしょう。

カード現金化は返済の目処が立っている場合のみ利用するようにしよう

債務を沢山背負っているという方は、返済目的でクレジットカード現金化を行うより、債務整理を検討しましょう。手続きを行えば借金を少なくし、一部の返済義務を手放すことができますが、新たにカード現金化を利用すると、「自己破産」が認められなくなってしまいます。全国の至るところで債務整理の相談窓口が設けられていますので、探してみてください。

借金を抱えていない方で、これから現金化を利用しようという方は、計画的に必要な金額だけを使うようにしてください。支払いの目処がきちんと立っている場合のみ使用することが望ましいでしょう。

(まとめ)
現在借金を抱えているが、返済が困難であるという方に知って頂きたいのが「債務整理」です。主に3つの方法がありますが、クレジットカード現金化したことで返済不能になった方は「任意整理」か「個人再生」を選択しましょう。

手続きを行えば、借金を減らし負担を軽減させることができます。クレジットカードを整理先に指定しなければ、引き続きカードを使用することもできます。負債を抱えている方は早めに弁護士や司法書士を通じて手続きを行うことをおすすめします。

キャッシュバック方式とは低リスクで手軽に素早く現金化できる方法

ネット現金化業者で主流になっている「キャッシュバック方式」とは、利用者がキャッシュバック付きの商品を購入し、その特典として現金を受け取ることができるという方法です。

この方法では、サイト上でカード決済を済ませた時点で即現金を振り込んでもらえる上に、購入商品を受け取り手元に置いておくことでカード会社から転売を疑われるリスクが軽減します。店舗でサービスを受ければ、簡単スピーディー、低リスクでお金を受け取ることができます。

会社が提示する商品の購入特典として現金を受け取れるキャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、業者側で販売している商品を利用者が購入した際、その特典として購入代金の何パーセントかを還元してもらえる方法のことです。利用者が購入する品物自体は、ブランド品や家電製品などではなく、価値はなくチープな物の場合がほとんどです。

その理由として、現金化利用者は購入する品物が目的ではないということや、高額商品を購入しないので、カード会社に現金化が疑われにくいことが挙げられます。

キャッシュバック方式は、買い取り方式での現金化よりも低リスクでお手軽スピーディー

キャッシュバック方式で現金化を行うメリットは複数存在します。クレジットカード会社の規約では、転売を目的に品物を購入することは禁止されています。商品買い取り式の現金化はカードの規約違反になりますが、キャッシュバック方式は特典付きの品物を購入しているだけなので、カードの規約違反にはなりません。
たとえカード会社に注意されても、商品が手元にあれば転売をしていない証明になります。

カード決済後すぐに振り込みをしてもらえ、その後は商品を受け取るだけでOK

キャッシュバック方式は、商品を購入するだけで済むのでとても手軽です。
業者によっては商品がデータで用意されており、メールに添付して送ってくれたり、指定サイトから画像や資料などをダウンロードするだけでOKというパターンもあります。この場合配送業者から受け取る必要もないため、非常に手軽です。

また買い取り方式では、入金は商品を業者に郵送した後に行われるため、品物を購入してから4~5日かかる場合がありますが、キャッシュバック方式では、商品購入しカード決済ができた時点で入金してもらえますので、すぐにお金が必要という方には嬉しい点です。
このように買い取り方式に比べキャッシュバック方式には、低リスクでスピーディー、お手軽であるというメリットがあります。

事前にリサーチすることで未入金や換金率不当引き下げ等を行う悪質な業者を避けることができる。

現金化会社でのキャッシュバック方式では、トラブルが起こる場合もあります。悪質な業者やグレーな会社では、商品を買ったのに入金されなかったり、最初に提示した換金率を後から大幅に引き下げ、ほんの少額しかお金が振り込まれないケースもあります。
こういった会社では、商品購入後はキャンセルできない場合が多く、被害に遭ったのに泣き寝入りする形になってしまいます。

このような悪質な業者を避けるためには、事前に会社のクレジット現金化口コミや情報サイトをリサーチし、会社の所在地も検索し、実在する会社なのかどうかを調べるようにすることが大切です。また、実際に電話をしてキャッシュバック率や手数料などについて質問してみるといいでしょう。

この時、スタッフの態度が横柄で、無理矢理申し込ませようとしてくる場合は利用しないようにしましょう。良い口コミが多く、きちんと運営されている会社であることが確認できれば、あまり心配せずにサービスの利用を検討していいでしょう。

関連記事

手軽に低リスクでお金を受け取れる現金化会社で実際に行われている2つの方式

キャッシュバック方式で購入した商品は必ず受け取ろう

キャッシュバック方式では、商品購入特典として現金を受け取るので、購入した品物は確実に受け取る必要があります。商品配送の際、日時指定や配送先指定ができる場合もあるので、「家族に知られたくない」という方や、「忙しくて受け取る暇がない」という方は事前に設定しておきましょう。

また、購入指定商品は品物であることがほとんどですが、会社によっては「画像集」や「写真」など、メールで受け取れるものを指定するケースも増えており、利用者側も余計な手間をかけずに済むというメリットがあります。

(まとめ)
ネット現金化業者で主流になっている「キャッシュバック方式」には、店舗での買い取り方式に比べて、カード会社にバレるリスクが低く入金もスピーディー、余計な手間がかからないなどさまざまなメリットがあります。ネット上で商品をカードで購入し、その後は商品を受け取るだけですので誰でも簡単に手続きできます。

しかし、キャッシュバック方式を行っている会社の中には悪質な業者も複数存在しています。必ず事前にホームページや所在地の記載の有無などをチェックし、電話で問い合わせをしてみましょう。ホームページの印象が良く所在地が明確で、対応が丁寧な会社なら、安心して利用できます。

手軽に低リスクでお金を受け取れる現金化会社で実際に行われている2つの方式

現金が急に必要という方におすすめのクレジットカード現金化。時間に余裕がある方は、換金率の高い「自分で商品を売買する方法」を選び、今すぐお金が必要だという方は「業者を利用する方法」を選ぶのがおすすめです。

業者を使う方は店舗での「商品買い取り方式」を選ぶか、ネット店舗での「キャッシュバック方式」を検討してみましょう。キャッシュバック方式は現在主流の方法で、低リスクでお金を受け取ることができるおすすめの方式です。

時間に余裕があるなら自分で、手軽に即日で現金化したいなら業者での現金化がおすすめ

クレジットカード現金化には、自分で商品を売買する方法と、業者を利用する方法の2種類があります。お金が必要になるまでの時間に余裕があって、より高い換金率を得たい方は現金化を自分で行うのが向いています。また、スピーディ手軽に低リスクでお金を手にしたい方は業者による現金化がおすすめです。

自分で商品を売買する方法は高い換金率を得られるが、手間がかかる上にリスクが高い

ここでは、自分で商品を売買する方法のメリットとデメリットを紹介します。

■メリット:高い換金率を得られる場合がある
個人で現金化する場合は、業者などを介さないので余計な手数料がかかりません。換金率の高い商品を自ら選び、適切なお店で売ることができれば、多くお金を還元してもらえる可能性があります。

■デメリット:手間がかかる・カード会社に転売がばれるリスクが高い
自分で商品を選び購入し、買い取り店舗に足を運ばなければいけないため手間がかかります。また、高額なものをカードで購入することで転売を禁止しているカード会社から目を付けられ、一時的にカードの利用を停止させられる場合もあります。

業者を利用した場合手元に入るお金が減るが、手軽に低リスクで即日現金を受け取れる

ここでは、現金化業者を利用する方法のメリットとデメリットを紹介します。

■メリット:カード会社にばれるリスクが低い・手軽に簡単にお金を手に入れられる
ネットの現金化店舗では、「キャッシュバック方式」という転売とは違う方式が主流なので、カード会社の規約に違反せずお金を受け取ることができます。従ってカードが一時停止になるというリスクがありません。
また、店舗に出向くことなく、自宅で手軽に素早く申し込みができるのもメリットです。

■デメリット:手元に残るお金が少ない
業者を利用した場合、申し込み金額から手数料が差し引かれるので、現金還元率は約80%~90%前後になります。また、悪徳業者に引っかかってしまった場合、大きな手数料を搾取されてほとんどお金が手元に残らない、というトラブルも起こり得ます。

それぞれのメリットとデメリットを考慮した上で、自分に合った方法を選ぶことをおすすめします。インターネット上には、各方法の賢い使い方などが掲載されていますので、利用の際は参考にしてみてください。

「商品買い取り方式」は、カードでブランド品や家電製品を購入しそれを業者が買い取る方法

利用者が購入した商品を会社が買い取り、代金を利用者に支払う方法が商品買い取り方式です。

現金化会社が利用者に購入すべき商品を指定、利用者はその商品を購入し会社に提供します。会社はそれを購入金額よりも低い価格で買い取り、利用者に支払います。
会社は、その商品を中古品店などに売却することで利益を得ます。この方式で買い取る品目で多いのがブランド品、家電製品、新幹線の回数券などです。現在、店舗の現金化業者でよく行われている方法です。

関連記事

キャッシュバック方式とは低リスクで手軽に素早く現金化できる方法

「キャッシュバック方式」は、会社が指定したキャッシュバック式の商品を購入する方法

会社が指定したキャッシュバック付き商品を利用者が購入、その後利用者はキャッシュバック分のお金を受け取るという方法がキャッシュバック方式です。

利用者は、現金化会社が指定したキャッシュバック付き商品をカードで購入します。会社は利用者に対してキャッシュバック分のお金を支払います。商品は利用者の元へ配送されます。

キャッシュバック商品には、ブランド品や家電製品のようにそれ自体に価値のあるものは少なく、雑貨などチープなものである場合がほとんどです。この方法はネット店舗でよく行われています。

現金化する方法として挙げられるのは、「自分で商品を売買する方法」と「業者を利用する方法」です。とにかく高い現金化換金率を得たい方は自分で商品を売買する方法が向いていますが、手軽に低リスクでお金を手にしたい方は業者による現金化が向いているでしょう。

業者での現金化においては、利用者が購入した商品を業者が買い取る「商品買い取り方式」と、特典付きの商品を購入することでキャッシュバックを受け取る「キャッシュバック方式」の2種類があります。それぞれの特徴を把握しておけば、手続きがスムーズになるでしょう。

現金化でのカード利用の際の注意点と、使用するカード会社選びのコツ

現金化サービスの利用を検討している方は、サービス利用後にカード会社への支払いの義務が生じるという点を考慮した上で申し込むようにしましょう。のちに負債を抱え込んでしまわないよう、きちんと返済できる額だけ現金化することが大切です。

また、カード会社は換金目的でのクレジットの使用を禁止しているということを覚えておきましょう。クレジット機能が使えなくなるといったリスクを抑えるためにも、計画的にサービスを使うことをおすすめします。

現金化を禁止しているカード会社からの注意を受けないために利用金額や頻度に気を付けよう

クレジットカード会社では規約により、転売や換金目的でのクレジット機能の使用が禁止されています。現金化業者では通常、商品買い取りやキャッシュバックといった方式により現金を還元する方法が行われています。

その際購入した商品の金額があまりに大きかったり、頻繁に大きな額を使っていたりして、不審であるとカード会社側に判断された場合、強制的にクレジットが停止になることもあります。現実的な額にとどめておけば、疑われることはありません。

サービス利用後はカード会社へ計画的に支払いをしよう

現金化を利用した後は、カード会社への支払いが生じるため計画的に使いましょう。のちに生じる支払いを考慮し、どうしても必要な金額だけ申し込むことが大切です。
支払い方法は、通常クレジット機能を使用した時と同じで、一括払いや分割払い、リボ払いなどの方法です。計画的に返済しましょう。

関連記事

悪質な会社を避け、正しく運営している優良会社を計画的に利用しよう

使用するカード会社によって換金率が変動する

現金化における換金率は、どこのカード会社を利用するかで変動します。その理由は、決済端末の特殊性から、カード会社によっては実務上の負担がかかるからです。それらは決済手数料として、換金率から差し引かれます。

複数の会社のクレジットカードがある場合は、一番換金率が高くなるものを使いましょう。現金化業者では、JCBやAMEXは手数料が高くなります。VISAやmasterカードがある場合は、それらを利用する方が無難です。

また、同じVisaカードでも、イオンやセゾン、銀行が発行しているものなど、発行元はさまざまです。店舗によっては、発行元によってクレジットカード現金化換金率を引き下げる場合もあります。まずは各現金化業者に問い合わせてみるといいでしょう。可能であれば、複数のクレジットカードを用意しておき、一番換金率が高くなる会社をリサーチし、使用することをおすすめします。

現金化サービスは、クレジットカードのショッピング枠をお金に換えられる便利なものです。しかしカード会社は換金目的での使用を禁止していますので、サービス申し込みの際は金額に気を付けるなどの配慮が必要です。
カード会社にばれた時は、クレジット機能停止処分が行われる場合もあるので注意しましょう。しかし、計画的に正しく使えば問題はありません。

また、現金化サービスを高い換金率で利用したいという方は、手数料が高くなるJCBやAMEX以外のカードを使用するといいでしょう。カードの種類や発行元によって換金率が変化しますので、手持ちのカードを集めた上で、業者に料金の問い合わせをしてみることをおすすめします。

高いほど還元される金額が大きくなる換金率は、優良会社のプラン利用で最大にしよう

クレジットカード現金化サービスを、よりお得に利用したいという方は高い換金率を得られる会社を探すことをおすすめします。各店舗ではさまざまなプランが用意されていますので、自分の条件に合ったプランがある会社を見付けたら気軽に問い合わせてみましょう。

現金化換金率の相場は80%から95%ですが、プランやキャンペーンを上手に使えば割高な換金率を得ることができます。

換金率が大きいほど手元に還るお金が大きくなる

現金化業者利用時における「換金(還元)率」とは、カード決済した金額のうち利用者の元へ現金で還元される額の割合のことです。例えば10万円を現金化した場合、90%の換金率では90000円、85%では85000円が手元に入ります。

換金率は高いほどお得になるので、大きな額を利用する方にはおすすめです。また、現金化は金融機関での借り入れとは違い、利用額に対して利子がかかりません。自分の返済計画に合わせて支払いができるというメリットがあります。

申し込み金額から手数料が差し引かれた額が還元される仕組み

現金化会社で100%の還元が行われていない理由は、会社の利益を確保するためです。各手数料が会社の主な利益となっており、それらを差し引いた上で還元率が設定されています。ホームページ上で提示されている数字は、予め手数料が差し引かれている場合がほとんどです。
しかし現金化業者によっては、明示した還元率からさらに商品配送料や振込手数料など、別途手数料を差し引くところもあります。
手数料の内容としては、カード決済手数料、配送料、消費税などが挙げられます。これらは会社や使うカードの種類などによって変動する場合がありますので、利用の際は必ず料金を問い合わせるようにしましょう。

換金率の相場を知っていれば妥当な額の金額を還元できる

現金化業者の換金率には相場があります。20万円以下での利用の場合は80%前後、100万円以下では90%前後、100万円以上では95%前後が相場になります。金額に関わらず、80%から90%代の換金率であれば妥当な額と言えるでしょう。
この相場を大きく下回っていたり、逆に大きく上回っている場合は、悪徳業者の可能性があるので注意が必要です。

また換金率には、手数料などの必要経費が一部しか含まれない場合もあるということを覚えておきましょう。一部である場合は、明示された還元率よりもさらに低くなるので注意が必要です。

関連記事

キャッシュバック方式とは低リスクで手軽に素早く現金化できる方法
店舗の有無で還元率は変化する

プランやキャンペーンを最大限活用すれば通常より高い換金率を得られる

一般的な現金化業者の換金率は80%から95%とある程度の開きがあります。その理由として、業者の違いだけでなく適応されるプランによっても違いがあるからです。

高い換金率を得られる場合の特徴は
〇カードの利用額を上げた時
〇個人カードではなく法人カードを使った時
〇即日プランではなく通常プランを選んだ場合
〇レディースプランや初回特典などキャンペーンを利用した場合
などです。

店舗のホームページをチェックし、適用されるキャンペーンを最大限利用することが、お得にサービスを使うコツです。予め大手現金化会社の幾つかをピックアップした上で各サイトを確認し、自分にとって一番条件のいいプランやキャンペーンを利用しましょう。
他にも振込までの日数に余裕を持たせるだけでお得になるプランや、毎月決まった日の利用で還元率が5%アップするというキャンペーンを提示しているところもあります。ぜひいろいろな店舗の条件を比較してみてください。

現金化サービス会社をお得に利用するコツは、「換金率」について理解し、より割高にするための最適なプランやキャンペーンを探してみることです。換金率の相場は80%から95%と言われていますが、振込までの期間や性別、使用するカードの種類などによってよりお得になる可能性があります。

換金率には手数料が全て含まれているのかどうか、見積もりと合わせて事前に店舗に問い合わせてみましょう。手数料を後から差し引かれるかどうかによって、プランやキャンペーンを利用した場合の価格が変動するからです。さまざまな会社での料金を比較してみることをおすすめします。

悪質な会社を避け、正しく運営している優良会社を計画的に利用しよう

現金化サービス利用においては、本当に必要な額だけ申し込むようにしましょう。そうすれば、カード会社から不審に思われることはないので、カード停止になるようなこともありません。

また、複数存在する悪徳業者の特徴を知ることで、だまされて不当な額の手数料を差し引かれ損をすることのないようにしましょう。優良クレジットカード現金化店舗をしっかりと見極めて利用すれば、気持ちよくお金を手にすることができます。

現金化は違法ではないがサービスは計画的に利用しよう

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、カード会社の利用規約には抵触する行為です。しかしカード会社は転売目的でのカードの使用を禁止しているだけなので、実際に購入した商品が手元に残る「キャッシュバック方式」は違反にはなりません。
その他の手段で現金化を行ってカード会社に知られた場合、カードが使用停止になる可能性もあり、信用がなくなり、新しいカードを作れなくなる可能性もあります。それを防ぐため、本当に必要な金額だけを計画的に使うことが大切です。
現金化目的で高額商品を突然大量に購入するなど、カード会社から不審に思われる使い方をしなければバレることはほとんどないでしょう。

サービス利用では手数料がかかるため申し込み金額から数十パーセント程度差し引かれる

クレジットカード現金化においては規定の手数料がかかるため、実際に口座に振り込まれるのは申し込み金額から数十パーセントを差し引かれた額になります。手数料には、決済手数料(カードの種類によって異なる)、商品配送料、消費税、振込手数料などがあります。

会社のホームページ上では通常、利用額に対する換金率が提示されていますが、店舗によって、その換金率に手数料が全て含まれている場合と、そうでない場合があることに注意しておきましょう。どちらなのかは実際に問い合わせてみる必要があります。

公表している換金率から大幅な手数料を差し引く業者に注意

悪質業者では、公表している換金率や最初に提示した換金率から、さらに別途手数料を大幅に差し引くという手口がよく行われています。別途手数料を差し引かれた後の換金率が80%を切るような会社は、優良とはいえないので注意が必要です。

利用時は必ず事前に問い合わせ、手数料を確認し、納得した上で利用しましょう。また悪質業者なのか見分けられないという場合は、手数料の内容について質問するなど、詳細な部分について尋ねてみましょう。
きちんと誠意を持って返答してくれるようであれば、その会社を選んでも問題はないといえます。

関連記事

現金化でのカード利用の際の注意点と、使用するカード会社選びのコツ

HPの作りや住所の記載、ネット口コミ評価などで悪徳業者を見分けよう

現金化会社の中には、悪質業者も複数存在します。引っかからないようにするための一般的な見分け方として、
〇ホームページが汚く質素でないかどうか
〇ホームページに住所の記載があるか(その住所に会社が実在しているかどうか)
〇オリジナルのドメインを使っているか(フリーアドレスでないかどうか)
〇ユーザーからの良い口コミ評価を得ているか
〇誇大宣伝や誇大表現をしていないか(低すぎたり、高すぎたりする換金率には注意)
などが挙げられます。

これらを一通りチェックしてみることをおすすめします。悪質な業者である場合はいずれかが該当する場合がほとんどです。実際に記載されている連絡先に電話を掛け、対応を見てみるのもいいでしょう。
スタッフが横柄な態度を見せたり、質問に対して投げやりな回答をするような場合は利用しない方が無難です。

まずは上記の条件を満たしている店舗を絞り込んだ上で、料金や利用条件などを比較し選ぶようにすれば、悪徳業者に引っかかることはないでしょう。

スタッフの丁寧さやHPの充実度などによって優良な現金化会社を見分けよう

優良店舗の特徴で主なものとして、
〇ホームページの会社概要ページが充実している
〇現実的な換金率を提示している(80%から90%くらい)
〇スタッフの対応が丁寧で、質問に対しては誠実に回答してくれる。
などが挙げられます。

明らかに悪徳業者である可能性がある店舗を排除し、上記の点を満たしている店舗を絞り込んだら、さらに
〇換金率が他の優良店舗に比べて高いかどうか
〇振り込み完了までのスピードやかかる日数が希望に沿っているか
〇サービス利用時の手数料に納得が行くか
などの条件を比較して店舗を絞り込んでいくといいでしょう。ここまで絞り込めばかなりの確率で自分の希望に沿った形でサービスを利用できます。

現金化したらカード会社への支払いを忘れずに行おう

クレジットカード現金化を利用した後は、クレジット会社への支払い義務が生じます。通常カードを使用した時と同じように、一括払いや分割払い、リボ払いなどから希望に応じて選択し、支払ってください。現金化会社への支払いや利子などは一切発生しません。

現金化サービスの利用を検討している方は、転売目的でのカード使用を禁止しているカード会社から不審に思われないよう、本当に必要な額での利用を心掛けるようにしましょう。

また、店舗を決める際は優良店舗の条件を全て満たしている会社を厳選することをおすすめします。これらの注意点に気を付ければ、気持ちよくサービスを利用することができます。