誰でも簡単スムーズに申し込みが完了できる現金化サービス

すぐにお金が必要になった、という方におすすめのクレジットカード現金化サービス。クレジットカードで買い物をし、キャッシュバックを受け取るだけなので初心者の方でも簡単。
面倒な審査がないのでカードと身分証、銀行口座があれば今すぐに申し込みができます。

現金化はクレジットカードのショッピング枠の残高をお金に変えられるサービス

現在クレジットカード現金化会社では、主に2種類の方式を使ったサービスが行われています。その1つが「商品買い取り方式」です。これは、顧客がクレジットカードで購入した商品を会社が買い取ることによってお金に変えるという方法です。

そしてもう1つが「キャッシュバック方式」です。これは顧客がキャッシュバック付きの商品を購入することによってキャッシュバック分のお金を受け取ることができるという方法で、現在現金化ではこちらが主流になっています。

クレジットカードと身分証、銀行口座があればスムーズに申し込みを完了できる

現金化サービスを利用する際は、身分証と銀行口座、クレジットカードを予め用意しておきましょう。身分証は免許証や保険証、パスポートなどであれば問題ありません。

銀行口座は現在開設しているものであれば構いませんが、楽天銀行やジャパンネット銀行など、ネット銀行口座を指定すれば土日祝日でも現金の振り込みができます。ネット銀行を持っていない方でも、お金をすぐに受け取りたい場合は開設しておくことをおすすめします。

クレジットカードを使用しますので、ショッピング枠残高があるものを選んでください。現金化では、VISAやJCBといったカードの種類によってクレジット現金化換金率が変わることがあります。手持ちのカードを集めて、会社での見積もり時にそれぞれのカード会社を利用した場合の換金率を提示してもらうのもいいでしょう。
これらを予め用意しておくことで、スムーズに申し込み手続きができます。

手続きでは簡単でわかりやすい4ステップの手順を踏むだけでOK

現金化会社での申し込み手続きの方法は簡単でシンプルです。もし途中で不明な点が生じた場合でも、オペレーターに問い合わせれば丁寧に教えてくれるので心配は要りません。
最初は不安かもしれませんが、会社によっては丁寧な解説ページなどを用意してくれている場合もありますので、利用してみてください。

■STEP:1 電話かメールフォームから申し込む
ホームページに記載の番号に電話するか、申し込みページのメールフォームに必要事項を書いて送信します。メールを利用した場合は、送信後に電話で連絡が入ります。

■STEP:2本人確認が行われる
初回利用に限り、簡単な本人確認が行われます。身分証のコピーをファックスするか写真に撮り、その画像をメールに添付し送るだけでOKです。2回目以降は本人確認の必要はありませんのでスピーディーです。

■STEP:3商品をカードで購入する
会社が指定する商品から好きなものを選び、クレジットカードで購入します。購入方法がわからない場合はスタッフに遠慮なく尋ねてみましょう。

■STEP:4カード決済完了後、振り込み
カードの決済が完了したら、最短5分から10分で指定した口座へお金が振り込まれます。ネットバンク銀行や楽天銀行を指定した場合は、休日でも即振り込みが完了します。

以上4ステップを踏むだけでOKで、自宅や会社などどこにいても申し込みできます。

関連記事

計画的に返済ができる現金化サービスでは支払いも手続きも簡単スムーズ

申し込み後平均5分から10分でお金を受け取ることができる

大手の現金化会社は、申し込み完了から現金振り込みまでにかかる平均時間は5分から10分です。今すぐお金が必要という場合でも安心です。しかし現金化が初めての方は、申し込み手続きに少し時間が取られます。時間の余裕がある時に手続きをするようにしましょう。

また現金がすぐに必要という方はネット銀行を用意しましょう。休日でも即日振り込みができるので、急にお金が必要な場合でも心強いです。

現金化は、誰でも簡単スピーディーに現金を受け取れる便利なサービスです。ネット銀行を用意しておけば土日祝日でも即日最短5分でお金を振り込んでもらえます。申し込みの手順はとてもシンプル。事前にクレジットカードや身分証などを用意しておけばスムーズに申し込みを完了することができます。

ネット銀行は利便性ピカイチ

『口座振込み』の形式はクレカ現金化を利用する際に用いられます。
振込み手数料は業者負担のケースが多いですが、利用者が負担するケースもあります。
高額ではありませんが、やはり負担したくないのが本音だと思います。
そこでおすすめしたいのが、振込み手数料が格安ないし0円の『インターネット銀行』です。
インターネット銀行は手数料が格安であり、また同銀行間の振替を0円で行えるところが多いです。
そのため送金元(業者)口座と利用者の口座が同一銀行であれば、利用案内には『手数料負担有り』とあっても、実質0円で行えます。
さらにインターネット銀行は24時間365日、メンテナンス時間を除きいつでも利用できます。
また『メールで振込み通知をする』設定をしておけば、ログインせずに確認を行えます。
現金を引出すにはATMへ出向く必要がありますが、メールでタイミングを計れるのは楽です。
引出しの手数料も概ね120円前後、さらに月数回まで無料のところもあります。
銀行・ATMに関する手数料は、意外と馬鹿に出来ません。
仮に現金引き出しに掛かる手数料が420円の場合、10回の利用で4,200円になります。
4,200円もあれば、少し贅沢な外食が出来ますよね。
倹約は、こうした細かいところから行うことが基本です。
インターネット銀行の開設は、オンラインから申込み~郵送にて必要書類を発送して完了します。
要する期間は2~3週間程度です。
非常に便利なので、お持ちでない方はぜひ開設をご検討下さい。

身に迫るカード破産

クレジットカードには、購入金額を“目視”する機会が著しく少ないデメリットがあります。
仮に、10万円の商品を購入したとしましょう。

◎現金で支払う場合、お札の数を確認した後、店員に渡します。
お札に触れ、目視することで私たちは『これは高額な買い物だ』と認識し、支払額だけ資産が減少したことを確認します。

◎クレジットカードの場合、支払額の確認はせいぜいレジに表示される数字のみで、支払いの実感は殆どありません。
そしてもっとも注意すべきは、オンラインショッピングです。
ボタン操作だけで買い物は完了し、翌日以降には商品が届きます。
支払いの実感は限りなく薄く、まるで“タダ”で商品が現れた錯覚すらあります。
そのため、クレジットカードで破産する人が増加しています。
なかには消費者金融からクレジットカード現金化即日融資を受け、支払いに充てる人もいます。
しかし結果は変わりません。

またリボ払いの泥沼にはまっている人も少なくありません。
クレジットカードは非常に便利です。
しかし利用の際は、それが魔法のアイテムではないことを思い出しましょう。
カード決済は一時的な借金であり、返済する義務があります。
利用と返済のバランスを崩せば、カード破産へ一直線です。
くれぐれもご注意ください。

関連記事

デメリットもよく理解した上でリスクを回避しよう

お金に困っていた時にお世話になりました

あんしんクレジットは友達に聞いて知りました。お金に困っていた時に、何とかならないかと相談したんですね。はじめは怪しいのではないかと思いましたが、2009年から続いているトラブルの少ない会社であること、キャンペーンがあってお得な事、少額でも大丈夫であること、カード現金化口コミでの評価が高いことなどを伝えられ試してみることにしました。電話をしてみて、試しということで低額でお願いしたのですが、快く引き受けてくださり、手続きも簡単でお金がすぐに入金されていうことなしって感じでした。それ以降お金が困ったときには利用させてもらっています。

クレジットカード現金化体験談

お金が欲しいときに助かりました
対応が親切だったので安心できました
自由に使えるお金が欲しくて
生活苦だった時に本当に助かりました
お金に困っていた時にお世話になりました
クレジットカード現金化サービスを利用されたAさんの体験談

クレジットカード現金化が流行る背景

ショッピング枠を活用した現金化が流行る背景には、借入先がなく、キャッシング枠を使い切った人たちで、闇金だけは避けたいという思いの人たちの存在があります。

またクレジットカード現金化はショッピング枠を利用するため、“買い物”としての履歴は残るものの、借り入れである記録は残りません。そのため家族に知られたくない人にも重宝されています。

現金化には二つの方法があります。

1.キャッシュバックとして現金を得る方法

業者が指定する商品を購入し、そのキャッシュバックとして現金を得る方法です。

一連の流れは購入~決済~キャッシュバックと、通常の買い物と同様です。違法性はなく、購入した商品が手元に残ります。

2.商品の売却代金として現金を得る方法

業者が指定する商品を購入するまでは同じですが、その後の流れが異なります。

購入~その場で売却~代金として現金を得ますが、カード決済が確定する前に売却するため、“支払いを完了していない商品は売却してはならない”という利用規約に触れます。立派な違法行為のため、カード会社に知れれば、当然ペナルティが課せられます。

関連記事

金融機関での借入審査に通らない専業主婦やフリーターの方の利用が多い現金化サービス

現金化の準備を整える

クレジットカードを現金化するにあたり、いくつかの準備を整えましょう。当然ですが各業者が定める規約の確認は怠りなく行って下さい。

◎ショッピング枠の利用限度枠を確認する

契約書が見当たらない場合、カスタマーセンターに問合せましょう。契約内容を再確認したいと伝えれば、すぐに返信してくれます。オンラインで確認できる場合は、そこからチェックすることも可能です。
仮に限度額が30万円の契約内容だったとすると、これがクレカ現金化できる額になります。

◎身分証の用意

初回の利用は本人確認が行われます。金銭契約のため、写真付きに限る業者が多く、運転免許証やパスポートが便利です。

◎振込先口座の用意

金融機関はどこでも構いませんが、手数料が異なるケースもあります。インターネット銀行は手数料が安い(もしくは0円)ことが多いので、チェックしておきましょう。

おすすめ記事

ネット銀行は利便性ピカイチ
手続きの申込みはインターネットが楽

クレジットカードは保障内容で選ぶ

クレジットカードを提供する各社は、様々な保障(保険)を用意しています。新規にカード契約を行う場合は、利用場面を想定してもっとも適した保障を選択しましょう。

◎買い物が主な目的の場合

ショッピング利用が中心の場合おすすめです。クレジットカードで購入した商品が盗難に遭った(※1)・破損(※2)したといった場合に保障を受けられます。

しかし全てのケースにおいて適用されるわけではなく、細かな条件があります。契約の際には国内外に適用されるのか、しっかりチェックして下さい。

※1治安が安定しない国外で買い物する場合に重宝します。国内であっても、高額商品を購入する際に役立ちます。

※2購入時に破損していた場合も保障を受けられるケースがあります。

◎旅行保険が目的の場合

クレジットカード付属の契約であることが大半で、別途で契約するケースは殆どありません。例外は存在するので、旅行を計画中の方は規約を再確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードの旅行保険は、海外へ行く時に必要という考えの人が多いですが、国内旅行も保険があると安心です。怪我や病気はもちろん、予想できない災害もありえます。詳細は会社・契約内容によりますが、1,000万円~3,000万円クラスが主流です。

海外での利用が主の場合は、世界中に加盟店がある(対応が早い・慣れている)クレジットカード会社がおすすめです。

不安がある場合はカスタマーセンターへ問合せ、トラブル発生時にはどういった手順を取るのか、解決にどれほどの期間を要するのか確認しておきましょう。こうしておけば、いざという時も慌てず対処できます。

おすすめ記事

サービスが充実してきているクレジットカード現金化サービス業界

お金で身を滅ぼさないための心構え

お金で身を滅ぼすことは、決して他人事ではありません。ちょっとしたことから悪い方向に進み、あっという間に破滅する人は本当に多いのです。
その理由は多岐に渡りますが、主に下記のふたつが挙げられます。

ひとつは、膨れ上がった利息が手に負えなくなるケースです。このケースは数万程度の借入れから発展することもあります。大体は闇金に手を出してしまった場合です。然るべき機関に相談すれば解決できないこともありませんが、借金を隠したいが故、最悪の状態になるまで対処できない人が殆どです。

ふたつめは、身内から借入れをして泥沼の人間関係に発展するケースです。身内だから理解してくれるだろう、多少返済が滞っても大丈夫だろうと、気の甘い人がトラブルに発展させます。場合によっては親族すべてを巻き込む規模に発展し、裁判を行うこともあります。

以上のことから、お金は『そもそも借りない』ことが重要であるとわかります。
しかし避けられない出費に直面することもあります。その場合どうすればよいのでしょう。

一番良いのは、貯金で工面することです。定期預金があれば、解約も視野にいれましょう。
貯金がない場合は、第三者から借り入れる必要が出てきますが、返済プランを熟慮し、可能な限り金利が低い業者を利用しましょう。

実借入れの際は、契約内容を入念に確認しましょう。金利の計算式や、担保の有無、返済が滞りそうな場合の対応など、不明点は必ず質問して解消してください。

おすすめ記事

計画的に返済ができる現金化サービスでは支払いも手続きも簡単スムーズ
クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと

クレジットカードのショッピング枠を理解しよう

クレジットカードには(1)ショッピング枠と(2)キャッシング枠があります。現金が必要な場合にはキャッシング枠を利用するのですが、利息は20%程度と高いです。そこでショッピング枠を利用したクレジットカード現金化業者がでてきました。今回は【クレジットカードのショッピング枠を理解しよう】をテーマにお話します。

■ショッピング枠とキャッシング枠
ショッピング枠はお買いものの決済に使う目的でしたが、その枠を現金に換金するというサービスが注目されています。

■クレジットカード現金化の場合の還元率は9割以上
あまりに高いレートを提示するところは怪しいですが、93%程度の還元率ならばあります。その場合手数料・利息と見る部分は7%です。キャッシングの20%と比較すると、当然多くの現金が手に入ることになります。返済は通常のクレジットカードの請求に基づいて引き落とされます。

クレジットカード現金化仕組みはネットショッピングをするのと同じイメージです。現金化業者のウェブサイトにアクセスをして、申込みフォームに入力するだけです。お手持ちのカードが利用できるかの確認はしておきましょう。

■決裁をしてから早ければ当日送金される
最短の場合、約10分で入金されます。早いプランは手間がかかるので還元率は少し悪くなります。

おすすめ記事

クレジットカード現金化サービスを理解するにはキャッシング機能とショッピング機能を理解する必要があること
「与信」という意味とクレジットカードを作る場合の審査

サービスが充実してきているクレジットカード現金化サービス業界

クレジットカード現金化もかなり普及してきました。現金化業者の競争も激化しており、サービスで勝負しています。今回は【サービスが充実してきているクレジットカード現金化サービス業界】についてまとめておきましょう。

■インターネットのオンライン手続きで完結できる!
従来はカード現金化店舗に出向く必要がありましたが、今では不要です。身分証明書もメールやオンラインでアップロードすればOKです。納税証明書・所得証明書・源泉徴収票・印鑑登録証明書などは不要なところが多いです。

■早ければ当日振込可能!
還元率・キャッシュバック率が多少悪くなりますが、当日振込も可能です。早ければ10分程度で送金が完了することもあります。

■高くなったキャッシュバック率
キャッシュバック率も9割以上のところが増えています。
50万円未満の相場は93%程度です。50万円以上100万円未満ならば96%が相場になります。利用額が上がるとキャッシュバック率も高くなります。

■いかがでしたでしょうか?
ご家族が急病で、まとまった現金が必要な局面などで、こういった方法が利用できれば有効です。ただし今は、病院もクレジットカードで支払えることが多いので、冷静になって判断しましょう。

おすすめ記事

クレジットカードは保障内容で選ぶ
あんしんクレジットのキャンペーンは馬鹿にできない