店舗の有無で還元率は変化する

クレジットカード現金化の還元率は、業者が店舗を構えているかでも変化します。少しでも多く現金を得たい場合には、無店舗(ウェブサイトを主体とする)業者に申し込みましょう。

◎無店舗の業者はなぜ還元率が高いのか?

店舗がなければ、不動産や人件に関する経費が発生しません。かからない維持費がそのまま還元率の底上げに充てられているのです。

還元率は概ね、80~90%に設定されており、仮に10万円の現金化で還元率が90%の場合、100,000円×90%=90,000円が現金化されます。

キャッシュバックまでの期間によって、還元率が変動する場合もあります。クレジット現金化即日の場合は低く、業者が指定する日数に近づくほど高くなる仕組みです。

キャッシュバックは銀行口座への振込みが主ですが、現金書留に対応しているところもあります。口座に入金記録を残したくない場合は、現金書留を取り扱う業者を探しましょう。
なお、何れの場合も所定の手数料が引かれます。

◎無店舗の業者を利用することのメリット

好きなタイミングで申込みできます。実際の手続きは営業時間内に行われますが、申込み自体は時間を問いません。多忙な方には嬉しい形式です。
また現金化に伴う指定商品の購入も、インターネットで行えます。

◎避けられないデメリットもある

一つは業者に関する情報が乏しいことです。これはトラブルが発生した際に大きな障害になります。逃亡されてしまうと足取りを掴みにくいのです。

もう一つは、悪徳業者が多く紛れ込んでいることです。口コミや評判はいくらでも情報操作が可能であり、言葉巧みに詐欺まがいの行為を繰り返している業者は多いです。

関連記事

高いほど還元される金額が大きくなる換金率は、優良会社のプラン利用で最大にしよう

違法性を指摘される買取方式の現金化

クレジットカード現金化には二つの方式があります。ひとつは商品を購入することで得られる“キャッシュバック”を利用したもので、もうひとつは商品を“転売する”ことでダイレクトに現金を得る方法です。

後者の方式は商品をカードで購入し、即転売という流れで現金化を行います。そのためカード会社が定める“決済が完了していない商品の売却を禁ずる”という規約に反します。
これは違法行為であるため、現金化は違法性がないキャッシュバックを利用した方式で行いましょう。

この場合は業者に申込みし、指定された商品をカード決済の後キャッシュバックとして現金を得る流れになります。行為自体は“普通の買い物”であるため、規約に触れません。

キャッシュバックは指定の口座に振り込んでもらうほか、現金書留や、店舗で直接受け取る選択肢があります。

キャッシュバックまでの期間はクレカ現金化即日~1週間と幅がありますが、期間により還元率が変動する業者もあるので、事前にチェックしておきましょう。

こちらの記事も確認

現金化は商取引として扱われるので違法性はナシ

手続きの申込みはインターネットが楽

クレジットカードを現金化するには、業者への申込みと、それに伴う手続きが必要です。手続きは、インターネット、電話、ファクス、店舗の4つの方法から選択できます。

おすすめはインターネットの申込みです。24時間365日、いつでも利用できます。しかし現金化に必要な手続き(本人確認~入金)は営業時間内に行われるため、例えば深夜1時に申込み、即座に入金してもらうということは出来ません。

インターネットの申込みは専用のフォームから行います。住所・氏名など基本情報に加え、必要な“ショッピング枠の利用限度枠”と“その残高”の情報も伝えます。なおクレジットカード番号の提示は必要ありません。

その後業者からの連絡に従い指定商品を購入し、カード決済することでキャッシュバックが発生し、口座へと入金がされます。なお決済の際には、不正利用を防止するための本人確認が行われます。

誰にも知られず現金を入手したい場合には、カード現金化店舗の窓口をご利用下さい。その際は、事前に電話で問合せをしておくと手続きがスムーズに進みます。

おすすめ記事

ネット銀行は利便性ピカイチ
現金化の準備を整える

賢く使って得するクレジットカード

クレジットカードの機能は支払いに関するものだけではありません。クレジットカード現金化即日などの様々な機能を使いこなしましょう。

◎ポイントサービス
1,000円=1ポイントなど、一定の支払に応じてポイントが加算され、貯まったポイントは景品と交換することが出来ます。

毎月光熱費として20,000円をカード決済した場合・・・20ポイント(20,000円)×12か月=240ポイントが加算されます。現金で支払っている場合は、この機会に是非ご検討下さい。

◎優待販売
飛行機のチケットなどをお得に購入出来ます。そのカード決済にもポイントが付与されるので、非常におすすめです。

◎旅行保険
旅先での怪我・病の治療費はもちろん、購入した商品の破損・盗難にも保険が適用されます。またクレジットカードが身分証明書としての価値を持ち、支払い能力=信用としての評価を得られます。

便利なクレジットカードをさらに活用する方法

クレジットカードがあれば財布に何枚も現金を入れておく必要がありません。また盗難時には電話一本で機能を停止できるセキュリティ性も備えています。
支払いにおいて真価を発揮するのは、インターネット通販時です。
インターネット通販は、代引き、銀行振込み、コンビニ決済などの方法から選択出来ますが、いずれも手数料が生じます。

例えば月に4回、年間48回代引きで支払いをした場合、一回の手数料315円×48=15,120円の手数料が掛かります(なお代引き手数料は、この限りではありません。315円は最低額です)。

しかし、これをカード決済した場合はどうでしょう。手数料が生じないだけでなく、支払いによるポイント(概ね1,000円=1ポイント)が加算されます。貯めたポイントは景品と交換できます。

また分割支払を選べるので、手元に全額がなくても購入できます。

さらに昨今、クレジットカードを活用して現金を得る方法も確立されています。キャッシング枠は利用したくない、しかし現金を工面する必要がある、そのような場合はクレジット現金化比較もご検討下さい。

クレジットカード現金化サービスと呼ばれるクレジットカードの活用方法

一般的に商品購入は現金で支払う習慣が続いてきました。しかしクレジットカードという決済手段ができて、多額の現金を持ち歩く必要もなくなってきました。

そして飛躍的に伸びてきたのが、ネットでショッピングするライフスタイルです。決裁手段としてクレジットカードが主流になってきたのです。そんな中、最近新しい活用方法が注目されています。今回は【クレジットカード現金化サービスと呼ばれるクレジットカードの活用方法】についてまとめておきましょう。

■クレジットカード現金化サービスとは?
クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能があり、通常の買い物はショッピング機能を使います。お金を借りる場合はキャッシング機能を使うのです。しかしキャッシング機能は緊急時には助かりますが、利息が2割程度と高額になります。

そこでショッピング機能を使い商品を購入し、その一部をキャッシュバックすることで現金を調達できる方法が編み出されました。これがクレジットカード現金化サービスというシステムです。

■現金で支払うこととクレジットカードで支払うことの違い
現金の買い物はその場で代金を支払って、商品を受け取ります。クレジットカードで決済した場合は、代金の支払いは月毎にまとめられます。この仕組みを利用しているのがクレジットカード現金化サービスです。

■与信は終わっている
クレジットカードを発行するには、ある程度の個人情報や支払い能力を確認します。だからクレジットカード現金化サービス業者も安心できるのです。

キャッシングで高い利息を払うよりもクレジットカード現金化サービスを利用しよう

クレジットカードを持つことは、信用に値する人物というステイタスとも捉えられます。高額なショッピングもサインするだけで精算できるのでスマートです。

近頃ではクレジットカードのショッピング枠を利用したカード現金化サービスが注目されています。今回は【キャッシングで高い利息を払うよりもクレジットカード現金化サービスを利用しよう】というアドバイスをご紹介します。

■急な出費が必要になった場合に助かる!
例えば友達の披露宴に出席する場合に、金欠でも大丈夫です。必要な金額だけ現金化すればいいのです。次の給料日にお金が入れば、クレジットカードの引き落としに間に合います。

■少額ならば一回で返済できる
クレジットカード現金化でキャッシュバックを受けた金額と、その商品の差額が手数料になります。例えば30,000円の現金化サービスを利用し、換金率が9割なら、27,000円が指定口座に振り込まれ、手数料が3,000円になります。利息として計算をすると、3,000円/27,000円ですから11.1%になります。

■キャッシングの利息は高い!
クレジットカードのキャッシングだと20%程度の利息になります。高額利用の場合は一括で支払えませんから、借金はなかなか減らず、負担は大きいです。

■いかがでしたでしょうか?
クレジットカード現金化サービスはキャッシングや消費者金融よりもメリットがあるのです。

おすすめ記事

賢く使って得するクレジットカード

クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと

日常的に消費者金融やキャッシングローンを利用している人もいるでしょう。複数のところから借りていると、返済日が違い手続きが面倒になるなどで、まとめて返済したいと感じることもあるかと思います。

まとまったお金があり、一挙に返済すれば利息がセーブできますが、そのようなやりくりができない人が、借金地獄に堕ちるのです。賢い人はクレジットカード現金化サービスを利用しています。今回は【クレジットカード現金化サービスは便利ですがカードの請求も考えておかなければならないこと】についてお話します。

■クレジットカードのリボルビング払い(リボ払い)を使えば利息が安くなることもあります。
まずは自分のクレジットカードの枠をチェックしてみましょう。枠が100万円あって、ショッピング枠が全て残っていればチャンスです。現金化サービスを利用して、消費者金融などで借りているお金を一括返済できるかもしれません。

■使い方は簡単
カード現金化サービス業者が指定する、キャッシュバック付きの対象商品をネットショッピングするだけです。キャッシュバックは指定した口座に送金されます。

■注意したいこと
キャッシュバックはあくまでも利用した代金の一部分が戻ってきているだけで、割引はありません。キャッシュバック率が9割ならば、残りの1割は手数料と同じです。一括払いや分割払いやリボ払いが選べます。一括払い以外は手数料もかかるでしょうから、それも考慮に入れるべきです。

おすすめ記事

お金で身を滅ぼさないための心構え